加害者責任の交通事故

交通事故で被害者がいる以上必ず加害者はいるはずです。
また、ひき逃げ事故の場合でも、加害犯人がいるのは事実ですから、被害者の方は、どんな場合でも金額に大小はありますが、保障の対象となります。

自動車で交通事故を起こせば、被害者に多大な迷惑をかけると同時に加害者自身も大きなダメージを受けることになります。もし、任意保険に加入していなかった場合は、自賠責保険の限度額を超える部分の保障を填補する必要があり、多額の借金を背負うことにもなるのです。
自動車を運転しなければ、加害者になる心配はありませんが、生活地域によっては、自動車の無い生活は困難な部分もあります。
交通事故を起こさなくて済む、唯一の方法は、交通ルールを遵守して運転する以外に方法はありません。
他の自動車が衝突してきても、貴方が交通ルール通りの運転をしていれば、加害者ではなくなり、被害者になるのです。
交通ルールの中でよく問題になっているのが、「左折可」の道路標識で、信号が赤色になっていたので停車させた結果、後続の車両が追突するなどの事故が発生します。
この場合、直接の原因を作ったのは貴方と言うことになります。

交通ルールを熟知していなければ、何時交通事故を起こしてもおかしくはありません。
交通事故さえ起こさなければ、被害者も発生しませんし、貴方自身も負傷することもないでしょう。
近年では車載カメラが普及していて、事故原因の究明方法も変化しています。
そんな道路事情の中で、自分自身の身を守るのは自分しかいないことを知っておいて、同乗者がいればその命の尊さも考える行動を取ってください。

*PICK UP*
交通事故被害の慰謝料・示談金・賠償金に関する無料相談が可能です ⇒ ⇒ 交通事故 慰謝料

Copyright © 2014 交通事故を起こさない運転は自分の身を守る All Rights Reserved.